フェカリス菌が含まれたプロテサンがヨーグルトよりも良い2つの理由

お通じを改善させるためには、乳酸菌は有効です。実際私も乳酸菌を摂取するようになったら、だいぶお通じが変わってきたのですね。
乳酸菌は、お腹の中に働きかけてくれる菌類になります。善玉優勢の環境を構築してくれますし、腸壁などを修復してくれる菌類なども見られます。
そして乳酸菌は、主にヨーグルトの中に多く含まれているのです。コンビニなどに行けば多くのヨーグルト商品を見かけますが、あれを摂取してみるのも有効だと思います。数日ほどヨーグルトを摂取してみれば、だいぶお腹の環境も変わってくるでしょう。

プロテサンがヨーグルトよりベターな2つの理由

ですが残念ながら、ヨーグルトには2つの弱点があります。その内の1つが、胃袋の酸に弱い点ですね。
胃袋の中には多くの酸が入っている訳ですが、残念ながらそれはヨーグルトの中に含まれている乳酸菌を溶かす性質を持っています。ですのでヨーグルトを摂取したところで、乳酸菌の効能が半減してしまう事も多い訳ですね。もっとも効果は皆無にはならないのですが。
もう1つの弱点は、一定以上の量が必要になってしまう点です。前述のように胃袋の中の酸で溶かされてしまう以上は、やはり少量では余り意味がありません。少量でもそこそこの効果は発揮してくれるのですが、残念ながら必要十分ではないのですね。
一説には、1日に必要な乳酸菌は、ヨーグルト4カップ分と言われています。毎日それだけのカップのヨーグルトを摂取するのは、とても大変ですね。
では、どうすればお通じの改善ができるかと申しますと、プロテサンという商品を用いてみるのも一法なのです。なぜならその商品の中には、非常に多くの菌類が含まれているからです。
プロテサンの中に配合されている乳酸菌は、フェカリス菌ですね。お通じ改善や免疫力に対する強みを持っている菌類なのですが、プロテサンの場合は生の菌類が入っている訳ではありません。すでに加熱されている乳酸菌が、その商品の中に含まれているのですね。加熱済みの乳酸菌は胃袋の酸に対する強みがあります。つまりヨーグルトのように、簡単には溶かされない性質があるのです。
それとプロテサンの中には、それが大量に含まれています。ヨーグルトのように少量なのではなく、非常に多くのフェカリス菌は入っているため、それだけ大きな効果が期待できる訳ですね。
すなわち胃袋の酸に対する強さと、含まれている乳酸菌の量が、プロテサンの特徴といえるでしょう。それを考えれば、ヨーグルトよりもプロテサンという商品の方が良いと思います。

青汁でニキビ改善?私の試したレシピ

Comments are closed.